2006年11月12日

アンリ・マティス

アンリ・マティス

(Henri Matisse, 1869.12.31〜1954.11.3)



マティス






晴れマティス」(大型本)

天才マティスの84年の生涯と彼の38点の絵画からなる絵本画集。








晴れマチスとピカソ」(大型本)

マチスとピカソは、互いにねたみ、いがみ合っても、誰より気になる相手。ふたりは絵画上の「対話」の絆で結ばれていた。本書は、気鋭の美術史家が「対話」という概念でマチスとピカソの絵画の展開を検証する。図版231点収録。








晴れ「フランス絵画巨匠  2冊セット マチス シャガール」

アンリ・マティス」およそ370点を掲載する本書は、ページを繰るだけでマティスの自由奔放な色彩構成に目をうばわれること間違いないだろう。また、彼が創り出したキャンバス上の色は、印刷で再現するのが非常に難しいと言われてきたが、オリジナルとの念入りな比較と丹念な作業により、より現実に近いクオリティを提供することを実現した。
「シャガール」シャガールが若き日に目撃したユダヤ人の虐殺や、屈辱的な扱いが彼の作品に暗い一筋の影として投影されながらも、彼の作品の中核をなす主題はいつも愛であった。人間の愛に対する希望をあきらめず、自ら愛を育みながら愛の色を音楽のように変化させてキャンバスを奏でた作家、それがシャガールなのである。本書ではおよそ350点を紹介する。








晴れマチスについての手紙」(単行本)

愉楽に満ちた色調と洗練されたフォルムで多くの人に愛されるマチス。しかし、その絵の裏側にはさまざまな謎がある。マチスの主要な作品を丹念に分析し、天性の色彩画家=マチスという常識を覆す、新たなマチス像を描き出す。



posted by 画集 at 04:06| マティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする