2016年11月24日

カラヴァッジョの残酷な絵画「ユディトとホロフェルネス」

ユディトとホロフェルネス
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ
Michelangelo Merisi da Caravaggio
カラヴァッジョの絵画「ユディトとホロフェルネス」.jpg


ユディトとホロフェルネス
( Judith Beheading Holofernes ホロフェルネスの首を斬るユーディット)

ユディト(Judith)は、旧約聖書外典の1つである「ユディト記(ユデト書)」に登場するユダヤ人女性です。

ユディトは酒に酔って眠っていた敵将ホロフェルネスの短剣をとって彼の首を切り落としました。
首を入れるための袋を持った侍女の見開いた眼が緊張感を醸し出しています。

カラヴァッジョの光と陰の明暗を明確に分ける表現で、残酷さを表現した生々しすぎる絵画です。


🔍カラヴァッジョ










💕 私の事典

💕 ありがとう

💕 意味








posted by 画集 at 09:08| カラヴァッジョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。